結婚指輪をなくした時にすべき4つのこと

慌てず、冷静になって対応を考えよう

2人の愛の証である結婚指輪をなくしてしまった!と結婚指輪をなくした時に気づいたとき、目の前が真っ白になるほど慌ててしまう人も多いのではないでしょうか?でも、落ち着いてください。なくしたと思ったら、まずは慌てずに冷静になり次の対処法を実践してみましょう。
1、排水溝などの水回りを探す
水回りで石けんや洗剤を使って作業していると、泡ですべって結婚指輪が排水溝に落ちてしまった!ということが起こりやすくなります。でも慌てないでください。結婚指輪は思いので、排水溝のくぼみなどに残っている可能性があります。落ち着いてゆっくり探してみましょう。

2、届け出をする
外出先でなくした場合は警察、駅などに遺失物届けをだしましょう。場所に心あたりがある場合は忘れずにその旨も伝えましょう。

パートナーに正直に打ち明けましょう

3、なくしたと気づいたらパートナーに正直に打ち明けるようにしましょう。打ち明けることでよりお互いの絆が深まる場合もあります。
パートナーとの新しい出発ということで、2人でもう一度お気に入りの指輪を探してみるのもおすすめの対処法です。結婚記念日などを待って購入することでより2人の絆を深めることができるでしょう。お子様がいる場合は家族全員で指輪を探しに行く楽しみもあります。

4、どうしても打ち明けられない…という人は最終手段としてこっそり同じものを購入するという対処法もあります。購入した店舗に記録がある場合は同じものを用意できる可能性がありますが、日数がかかるためその期間パートナーに気づかれないようにしましょう。

結婚指輪を銀座で買うことは沢山のきらびやかなお店の中の数ある商品から選ぶことになる為、よりよいデザイン・価格の物と出会える可能性があります。